ゲームの進化


自分には兄貴がいたので、
ゲームをやりだしたのはちょうどSFCの時代でした。

そのころはゲーム全盛期ということで、
友達はみんながみんな、ゲームをやっていたものです。

友達の家に行くとゲームをやって、
あきたら外で遊ぶみたいな感じでした。

ゲームをいっぱい持ってる家の子はとっても人気だったのを覚えています。

SFCはRPG全盛期で、それだけでなくいろいろなことに挑戦している製作側の熱意というものがたくさん込められていました。

もちろん、今のゲーム市場が熱意が無いというわけではありません。
ただ、スマホゲームが斡旋してしまったゲーム市場には、ライトユーザー、つまりゲームというものを今までやってこなかった人たちを取り込むことに躍起になってる風潮があります。

それはいいことです。ゲームというジャンルがゲーマーという人たちが表舞台にたってるのですから。
ただ、海外ゲームのほうが正直面白いです。

もちろん国内の規制とかもあるかもしれませんが、
ゲームにガンとお金をかけて、どうだ!!というゲームがないのです。

シリーズ物を順当に出して、そこでとりあえず利益を出す。なんか受動性を感じてしまうのです。

これからの和製ゲームはどうなってしまうのか??
心配とともに期待もそこにはあるのです。

This entry was posted on 2015年4月19日, in ゲーム.

ゲーム実況とDVDコピーを!!


ここ何年かでゲーム実況というジャンルが確立されました。

PS4はゲーム機自体でゲームの映像を録画できるので、
だれでも簡単にゲーム実況ができるようになったわけです。

でもこれはゲームだけではなく、
個人が自分の日常をネットで表現するようになり、
ブログに始まり、SNS、いまではツイキャスなどの映像配信も可能になっています。

なぜ、みんな、そんなにさらけ出したいのか??

知らなくていいことを現代では知ることができるようになってしまったからかもしれません。

だれでも人間ですから他人の様子が気になります。
そして自分を表現したくなります。

それが、今は出来る時代になった。ただそれだけのことなのでしょう。
でも、ここにのめりこむのは良くないかもしれませんね。

さて、私もゲーム実況を始めてみたく、キャプチャボードを入手しました。

このキャプチャボード、映像機器から出力された映像を録画できるものなのですが、
ゲーム映像だけでなく、DVDプレイヤーなどからも出力できるので、DVDコピーに使える機材なのです。

ウチにはいろいろDVDやらVHSやらがたまりにたまっているので、
今度の引っ越しを機に整理と称して、DVDコピー、VHSデジタル化を一気にやりたいと思っています。